いまわたしたちにできること~美容・健康・環境も~

実際どう…?【無印良品】の生理用ナプキンを使ってみた!

美容ライターであり、様々なブランドの生理ナプキンや布ナプキン、吸水ショーツを使ってきた筆者が『無印良品』の生理ナプキンを試してみました! 「ドラッグストアなどで販売されている生理ナプキンと比べて何が違うの?」「使い心地、コスパはどう?」など、実際に使ってみた感想を詳しくご紹介します。

『無印良品』の生理ナプキンをレビュー

衣類や生活雑貨、食品など幅広いアイテムを展開している『無印良品』。シンプルなデザインで、素材や品質にはこだわっており、“体や肌に優しくて安心”とスキンケアや衣料品も人気ですよね。

最近は生理や妊娠、更年期障害など女性特有の悩みをテクノロジーで解決する「Femtech(フェムテック)」や女性のカラダを支えるアイテムやサービス「Femcare(フェムケア)」に関する話題も豊富なため、筆者が「無印良品の生理用ナプキンはどうなのだろう」と感じたので、実際に使ってみて感じたことをご紹介します。

実際どうなの…?【無印良品】の生理用ナプキン使ってみたレビュー!

普通のナプキンと無印良品の生理ナプキンは何が違うの?

ドラッグストアなどで購入できる生理用ナプキンと『無印良品』の生理用ナプキンに違いってあるの? と感じる人もいるのではないでしょうか。

一般的な生理用ナプキンは、主に石油系素材を使って作られているものが多く、吸収力を高めるために高分子吸収剤などが使われています。
近年ではナプキンによるかぶれやかゆみを考慮し、メーカーによっては肌表面に触れる部分は特殊なシート加工をしているものやコットンシートを採用しているものもあります。

『無印良品』の生理用ナプキンは、肌に触れる面にオーガニックコットンを使用していて、高分子吸収剤は不使用。

『無印良品』の衣類でも多く見かける「オーガニックコットン」とは、化学肥料や農薬を使わず、有機栽培されたコットン(綿)を使用しているという意味です。

なので、敏感肌で生理用ナプキンをつけるとかぶれやかゆみを感じるという人でも安心して使用できるのです。

【無印良品】 生理用ナプキン 羽あり 約21cm/羽なし 約23cm

『無印良品』の生理用ナプキンのサイズは2種類。

『無印良品 生理用ナプキン/羽あり 約21cm/10個入り』(写真左)と『無印良品 生理用ナプキン/羽なし 約23cm/12個入り』(写真右)です。

無印良品の生理用ナプキンの使用感は?

【無印良品】 生理用ナプキン 羽あり 約21cm/羽なし 約23cm  パッケージ

パッケージは、紙製でできた箱に入っています。シンプルなデザインで、発売当初はSNSでも話題になりました。

【無印良品】 生理用ナプキン 羽あり 約21cm/羽なし 約23cm 箱、中身

このまま置いていても生理用ナプキンだとわかりづらいのは嬉しいですよね。箱を開けると、ナプキンも取り出しやすい仕様になっています。

【無印良品】 生理用ナプキン 羽あり 約21cm/羽なし 約23cm 厚み

触った感じは、中に綿が入っているようなふわっと感があり、一般的な生理用ナプキンに比べて少し厚みがあります。

【無印良品】 生理用ナプキン 羽あり 約21cm/羽なし 約23cm 表面

一般的なナプキンでは、経血を吸収しやすいようにくぼんだデザインになっていたり、前モレや後ろモレを予防するようにハート型のデザインになっているものが多いですが、無印良品のナプキンの表面にはデザイン等はありません。

肌に触れる表面すべてにオーガニックコットン素材を使用していて、よく見ると表面の質感がよりなめらかになっています。

【無印良品】 生理用ナプキン 羽あり 約21cm/羽なし 約23cm  厚み 比較

実際につけてみると肌あたりがすごく優しく、動いても擦れやかゆみなどのストレスは少ない印象。一般的なナプキンに比べて、横幅もあるため横モレしやすい人にとっても安心感があると思います。

また、厚みについては、つけるとそんなに気にならず、むしろデリケートゾーンが温かく感じるので布ナプキンをつけているような感覚です。

一般的な生理用ナプキンの場合、経血がスッと吸収されてナプキンの底に落ちるイメージだとすると、無印良品の商品はナプキンの中の素材に経血が吸い込まれていくような感じです。

「経血量が多くガツンと吸収してほしい」、「ナプキンの表面に経血が残るのが気になる」という人にとっては少し物足りなさを感じるかもしれないです。

【無印良品】 生理用ナプキン 羽あり 約21cm/羽なし 約23cm 平置き

メリットとデメリットは?

メリット

1.肌に優しいオーガニックコットン素材
2.摩擦、かぶれが起きにくい
3.横幅が大きいので横モレに安心
4.環境やゴミにも優しい紙のパッケージ

デメリット

1.サイズ展開が少ない
2.経血量が多いとちょっと不安
3.厚みがあるため荷物がかさばりやすい

サイズ展開が羽あり21cm/羽なし23cmの2種類なので、日中や普通の日の使用であれば問題ないですが、経血量が多い時や夜用として使用するには物足りないと感じるかもしれません。

経血を吸収しないわけではありませんが、オーガニックコットン素材のため、どっと出た経血をしっかり吸収してくれる、表面に残るのが苦手という人には気になるポイントかもしれません。

少し厚みがあるため小さめのバッグに数個入れると、カバンの場所をとる可能性もありそうです。

【商品情報】
『無印良品 生理用ナプキン 羽あり 約21cm』
価格:¥399・¥190
個数:10個・2個入り

『無印良品 生理用ナプキン 羽なし 約23cm』
価格:¥399・¥190
個数:12個・2個入り

今回、羽ありの10個と羽なしの12個タイプを購入しましたが、2個入りタイプもあるので、外出時に急に生理になったという時にはとても便利だと思います。

一般的なナプキンに比べて割高な印象もあるかもしれませんが、オーガニックコットンを使用していて、肌への優しさを考えるとその価値はありますので、ぜひ参考にしてみてください。

【参考】
『無印良品』公式サイト

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。