いまわたしたちにできること~美容・健康・環境も~

ガチで上向きカールがずっと続く! 美容好きが教える「ビューラー簡単テク」

マスクで顔の下半分が隠れることにより、今までよりもアイメイクにチカラを入れている人が多いように感じます。キレイな目元を作るためには、シャドウやアイライン、マスカラなどのコスメと同様に、ビューラーも大切なポイント。そこで、anan Beauty+ clubのメンバーに、使っているおすすめのビューラーや、長時間カールをキープするためのテクを聞いてみました。

本当に優秀なビューラーを徹底調査!

ビューラー カール 使い方 テク

anan Beauty+ clubメンバーに、まつ毛をキレイにカールさせるために大切な、ビューラーについてリサーチしました。

※anan Beauty+ club…美容・健康・エコ好きな女性たち約100名が集まるanan Beauty+の読者組織。

Q1. 今までに何種類のビューラーを使用したことがありますか?

210731-03

今まで使用したことがあるビューラーの数は、2種類がいちばん多く、半数以上の人が1〜2種類の使用のみという結果に。他のアイメイクコスメと違って、たくさんの種類を試したり冒険せず、同じタイプのビューラーを使い続けていることがわかりました。

Q2. ビューラーを選ぶときのポイントは何ですか?

210731-04

しっかりとまつ毛がカールするかどうかにこだわっている人が多く、次いで、使いやすさ、持つときのフィット感、カールのキープ時間、商品サイズと続きます。つまり、手にフィットして使いやすいサイズ感で、まつ毛が長時間カールするビューラーが理想ということがわかりました。

そのほかには「目の形に合うかどうか」(33歳・会社員)、「細かいまつ毛までキャッチしてくれるか」(27歳・主婦)という人も。

Q3. おすすめのビューラーはありますか?

おすすめのビューラーを聞いたところ、約80%の人が、『資生堂』の「アイラッシュカーラー」を使用しているという驚きの結果に。ではさっそく、使い心地やおすすめの理由も聞いてみましょう。

資生堂 アイラッシュカーラー

「メイクを始めてから、資生堂のビューラーしか使ったことがありません。使い勝手が良いし、浮気したいと思ったことがなくて、この質問をされて初めて、他のビューラーという選択肢があるのかと考えたくらいです」(29歳・会社員)
「資生堂のビューラー。過去に2回浮気したが、目のカーブとのフィット感が良くて戻ってきた」(38歳・専門職)
「コスパが良いのはもちろん、自分の目の形に合っている」(31歳・会社員)
「いろいろ使ってみたけれども、結局、日本人のまぶたに合うのは資生堂なのかな、と思っています」(25歳・会社員)
「目の形にしっかりフィットしておすすめ」(33歳・自営業)
「優秀で、コスパも良い!」(33歳・会社員)
「キレイにまつ毛がカールするし、目の幅にもぴったり合う」(36歳・契約社員)

ほかには、マキアージュ エッジフリー アイラッシュカーラー「目が平らな人に良いと聞いて以来、使っています」(39歳・会社員)、SUQQU アイラッシュ カーラー「バチっと上がる! 持ちも良いし使いやすいので、リピートしています」(37歳・専門職)、ヒロインメイク アイラッシュカーラー N2「スタイリストの夢月さんが絶賛していて知ったが、本当に細かい毛までキャッチしてくれるので良い」(27歳・主婦)、KOBAKO アイラッシュカーラー(ミニ)「目尻など部分用に使いやすい」(33歳・自営業)など。

Q4. 「目が大きく見える&カールを長持ちさせる」ビューラーの使い方のコツはありますか?

根元から上げる

「ひじを上げるようにしながら、根本からビューラーすると、目が大きくなります」(44歳・自営業)
「根元はしっかりと強めに上げて、毛先に向かうにつれて強さを弱くしていく」(31歳・会社員)
「根元は強めに当てて、毛先に向かうにつれて軽くしていくと自然なカールに。真ん中、目尻、目頭と、分けてビューラーを当てます。ちなみに下まつ毛もしっかりカールさせるのが好きです」(29歳・会社員)
「生え際部分をしっかりと上げておくと、カールが長持ちします」(33歳・会社員)
「最初、根元をグッと上げてから複数回はさむ」(34歳・自由業)

小刻みにはさむ

「まず根元から持ち上げて、だんだんずらして上げていく」(37歳・その他)
「まつ毛の根元から3段階に分けてカールさせる」(34歳・会社員)
「3段階ずつくらい下にスライドさせ、最後に根元をぐわっと上げる。扇状になります」(32歳・会社員)
「ビューラーをスライドさせながら、複数回まつ毛をはさむ」(33歳・会社員)
「階段のように小刻みに持ち上げる」(31歳・会社員)

ビューラーを温める&ホットビューラー

「ドライヤーの熱で少し温めてから使う」(36歳・契約社員)
「ビューラーを少し温めてから使うとカールが長持ちする」(34歳・その他)
「仕上げはホットビューラーが良い」(30歳・その他)
「最後にホットビューラーをします」(28歳・主婦)

マスカラ下地を使用

「ビューラーで上げて、すぐにマスカラ下地を塗る」(31歳・主婦)
「ビューラーでまつ毛を上げた瞬間に、すかさずカールキープ下地を仕込む」(29歳・会社員)
「マスカラ下地をつけるとかなりカールの持ちが良い。パンダになりにくいという利点も」(27歳・主婦)
「マスカラ下地を使っています」(37歳・専門職)

マスカラ後にもビューラー

「とにかく根本からグッと押し上げる、全然上がらないときはビューラーの汚れ覚悟で、マスカラを塗った後にビューラーをする」(25歳・会社員)
「ビューラー、マスカラ、ホットビューラー、仕上げにもう1回ビューラーをします」(32歳・会社員)
「マスカラの前後にビューラーをする」(34歳・会社員)
「ビューラーをスライドさせながら、複数回まつ毛をはさみ、マスカラの後にも使う」(40歳・会社員)

カールをデザインする

「黒目上は思いっきり上げて、目尻は少しタレ目風に角度をつけると、縦長で良い感じの目になります!」(29歳・会社員)
「目が離れているので、目頭部分をしっかり上げる」(34歳・会社員)

ビューラーを使いこなして目元メイクをブラッシュアップ!

シャドウやライナーなど、色ものコスメに注目しがちな目元メイクですが、扇状に広がるキレイなまつ毛も重要なポイント。みんなが実際に活用しているビューラーテクで、理想のまつ毛をデザインしましょう。

(C)George Doyle/Gettyimages

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。