いまわたしたちにできること~美容・健康・環境も~

化粧下地はピンクにすべき! お家デートで彼がドキッとする「メイクテク」

お家時間が増えた今、デートもお家…というカップルも少なくないかと思います。でも、毎回お家デートだと、どうしてもマンネリしがち。そこで、彼が思わずドキッとするようなメイクテクをご紹介します。いつもと違う雰囲気に、デートの展開も盛り上がるかも…!?

ツヤ感も重要! 思わず触れたくなる透明感メイク

デート メイク ベース

儚げな透明感はとても魅力的。しかし、うるおい不足でハリツヤが気になってくるアラサー世代は、ともすれば不健康に見えてしまいがちなメイクです。

そこで味方につけたいのが、ピンク色の化粧下地です。血色感を与えながら、透明感も引き出してくれますよ。

額、鼻、両まぶた、両頬、顎に点置きして、外側に向かって伸ばしましょう。化粧崩れが気になる方は、指ではなくスポンジを使うと密着度がアップします。この塗り方だと外側に向かって薄くなるので、自然な立体感も出ます。

ファンデーションは、リキッドタイプやクッションファンデ、BBクリームがオススメ。パフに少量取り、上下左右といろんな方向から塗るように意識してみて。気になる毛穴をカバーできますよ。

肌のアラはコンシーラーでカバーし、ファンデーションは少量で済ませましょう。ルースパウダーで押さえると、キメが整った肌に。

最後に、ハイライトもプラス。Cゾーンと上唇の上、顎の凹んでいる部分に軽く塗るだけで、ツヤ感がアップ! ハッと見惚れるような、健康的で透明感のあるベースメイクを。

湯上がり風で色っぽい…! 大人の血色感メイク

デート メイク ベース

大流行した血色感メイク。塗っています感があると、今は古臭く見えがちなのと、もともと男性ウケがあまり良くなかった面を踏まえると、デート向けではないかも。今どきっぽいアラサー向けアレンジにアップデートして。

お家デートでオススメなチークカラーは、赤みのあるベージュ。くすみがちな大人の肌を、さり気なく明るく見せてくれます。

目の下に人差し指と中指を置いて、その下に塗ると自然。黒目の下を起点として、斜め上に楕円を描くように塗りましょう。ほんのり色づく程度が色っぽい。

ブラシに残ったチークで、さらに血色感を。こめかみから下へ、垂直にラインを引いた位置まで、ささっと塗っていきます。ブラシはこめかみから耳へと、内側から外側に向かって動かしましょう。

フェイスラインにも塗ることで、シェーディング効果が生まれて小顔見え! さらに、ほんのり赤みがあるため、ヘルシーな血色感もプラスできますよ。湯上がりのような色っぽさに。

お家デートでメイクを変えてみるのもアリかも!

デート メイク ベース

いつもお家デートだとマンネリ化して、2人でダラダラ過ごしてしまうこともあるでしょう。もちろん、リラックスできるムードはとても大切です。

たまには雰囲気を変えてみたいというときは、メイクを変えてみるのもオススメですよ。アイシャドウやアイブロウを変えるのは王道ですが、実はベースメイクもとても重要。大人の魅力を引き出せます。

大人の透明感や血色感で、いつもと違うあなたに彼もドキッとするはず。ぜひ、ベースメイクやチークを工夫してみてくださいね。

(C)fizkes/Getty Images
(C)PeopleImages/Getty Images
(C)fizkes/Getty Images

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。