いまわたしたちにできること~美容・健康・環境も~

年中同じ肌ケアはNG! 実は知らなかった「季節ごとに違うスキンケアのコツ」

スキンケア商品、1年中同じもので済ませていませんか? 自分に合うものを使うことはとても重要ですが、季節ごとの肌状態を見ることも大切。今回は季節に合ったスキンケアについてご紹介していきます。

ずっと同じスキンケア商品を使ってない?

スキンケア コスメ 春 夏 秋 冬 保湿 乾燥 皮脂 

自分に合ったスキンケアをリピート使いするのは悪いことではありません。

しかし、肌の状態は季節によって変わるもの。一時期の肌に合っていたからといって、年中適したケアができるとは限らないんです。

では、季節によってどのように肌が変化するのか見ていきましょう。

春は肌が過敏に

春は冬に比べて乾燥が落ち着き、うるおいが増してきます。しかし、花粉や強風で舞うほこりによりダメージを受けやすい季節でもあるのです。また、新生活の不安からストレスが溜まり、肌も過敏に。

そんな春にぴったりのスキンケアがこちら。

  • 汚れをしっかり落とすため洗浄力のあるクレンジングや洗顔を選ぶ
  • UVケアのできる化粧品をとりいれる
  • 冬に引き続き保湿ケアを入念に
  • 肌が過敏な時期は敏感肌用のケアに変える

この時期は汚れをしっかりと落とし、肌のバリア機能を整えるケアが重要になります。冬の乾燥で受けたダメージを引きずっている場合は、保湿ケアもしっかり行ってください。

夏は紫外線に注意

夏はなんといっても紫外線の季節。春から日焼け止めなどのケアは必要ですが、夏は特に注意しましょう。

また、汗の量が増えることで肌がごわつきやすくなります。スクラブ洗顔でのスペシャルケアを取り入れるなど、入念なケアが必要です。

夏のスキンケアのポイントは4つ。

  • UVカット効果がある化粧品を選ぶ
  • 皮脂汚れに強いクレンジングや洗顔を使う
  • 肌のごわつきにはスクラブなどでスペシャルケアをする
  • 乾燥肌の方は夏も保湿ケアを入念に

夏になると汗でべたつくので、保湿を怠りがち。しかし、冷房の風にあたることが多いため、夏も肌は乾燥してしまうんです。スキンケアの際は乳液などでしっかりとふたをしましょう。

秋はかさつきケアを

暑さが落ち着き、本格的な寒さが訪れるまでの安定した季節。

ベタつきは気にならなくなるものの、その分かさつきが気になり始めるでしょう。保湿ケアを行い、肌の調子を整えることが必要になってきます。

また、夏の間にダメージを受けた肌に美白ケアを続けるのもおすすめです。

秋のスキンケアに重要なポイントがこちら。

  • 秋も紫外線は降り注ぐためUVケアは引き続き行う
  • 美白有効成分配合のスキンケアで夏のダメージをケア
  • 保湿効果の高いものを徐々にとりいれる

秋になるとUVケアをやめてしまう人もいるのですが、秋も紫外線は降り注いでいます。夏の間に受けたダメージをケアするとともに、秋も引き続き紫外線対策を心がけましょう。

冬は乾燥の季節

冬になると、空気の乾燥により肌がかさつきやすくなります。かさついた肌はしわが気になるという問題も。保湿ケアを重点的に行いましょう。

乾燥の季節に効果的なスキンケアはおもに4つ。

  • クレンジングや洗顔は洗浄力が優しいものに変える
  • 化粧品は保湿成分が多く配合されたものを選ぶ
  • うるおいを逃さないよう、乳液やクリーム・オイルなどで閉じ込める
  • シートマスクやパックなどの集中ケアアイテムをとりいれる

肌の水分量は、年齢とともに減少します。今までは大丈夫だったとしても、ある年から急に乾燥に悩まされることもあるのです。油断することなく、しっかり保湿ケアを取り入れておきましょう。

気温が低下すると血行が鈍くなるため、マッサージなどで血液を循環させることも効果的です。

今の肌質に合ったスキンケアを

スキンケア コスメ 春 夏 秋 冬 保湿 乾燥 皮脂 

自分の肌質を理解しているつもりでも、季節や環境によっていつしか変わっているかもしれません。その場合、自分の肌に合うスキンケアも変わっている可能性があるんです。

定期的に肌状態をチェックし、今の自分に合ったスキンケアを見直してみてください。

参考文献:小西さやか,『日本化粧品検定 2級・3級対策テキスト コスメの教科書』,主婦の友社,2016年

(C)Jamie Grill/Getty Images
(C)Zero Creatives/Getty Images

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。