いまわたしたちにできること~美容・健康・環境も~

ナプキンは何時間ごとに替える? 女性約100人に聞いた「生理の失敗談と対策」

9割以上の女性が経験があるという「生理中の経血漏れ」。みなさん何か対策をしていますか? ということで、anan Beauty+ clubのメンバーに「生理の経血漏れ対策」について聞いてみました。

生理の経血漏れ、どんな対策をしていますか?

4

anan Beauty+ clubのメンバーに「生理中の経血漏れ対策」について聞いてみました。
※anan Beauty+ club…美容・健康・エコ好きな女性たち約100名が集まるanan Beauty+の読者組織。

1

なんと9割以上の方が経血で下着を汚してしまった経験があるとのこと。具体的なエピソードを聞いてみました。

「生理中はいつも眠気がひどく、リビングの絨毯の上に座ったまま寝てしまいました。目が覚めたら体が斜めに傾いていて、絨毯カバーが血だらけに。新しく変えたばかりだったので、家族に申し訳なかった」(33歳・会社員)

「生理中、仕事に集中していて、長時間お手洗いに行くことを忘れてしまいました。すると、経血がスカートと椅子にかなり漏れてしまい…。更に両隣が男性社員で、トイレに立つことが困難な状態でした。どうしたらいいかわからず、斜め向かいの女性同僚2人にチャットを送信。1人は私の後ろを隠してくれて、もう1人は椅子の汚れをなんとか隠してくれました」(33歳・会社員)

「仕事中、なかなかナプキンを替えに行く時間がなく、それでもなんとかなるだろうと思っていました。しかし、気づかない間に漏れていて椅子を汚してしまいました。幸いプラスチック製だったのできれいに拭き取れてよかったです」(31歳・専門職)

「仰向けではなく横向きに寝てしまったため、ナプキンがズレ、布団にまで経血がついてしまっていたことがあります」(29歳・会社員)

「いつの間にか服にまで経血が漏れてしまい、街で知らない人に指摘されてしまった」(28歳・専門職)

うんうんわかるよ~、大変だったね~、ほんと生理って大変だよね~、と共感できるものが多いのではないでしょうか。

では、このような失敗を教訓に、どのような対策をしているのでしょうか。

「生理1~3日目は昼でも夜用ナプキンをつける」(33歳・専門職)

「こまめにナプキンを変える! シンプルですが私にとってこれが1番漏れにくいです。多い日には1時間おきに替えたり、少し出た時点で取り替えにいきます」(29歳・会社員)

「昼間はナプキン、タンポン、吸水ショーツ。夜は夜用ナプキン、タンポン、しっかりホールドしてくれるガードルを履く」(33歳・会社員)

「ナプキンをこまめに変える。また、ナプキンの種類をたくさん用意して、経血量に合ったものをチョイスする」(29歳・専門職)

「生理中は、なるべくお気に入りの下着をはかないようにする。夜はショーツを2枚はき、ナプキンの羽部分が大きいものを使う」(37歳・専門職)

「ピルを飲んで出血量自体を減らす」(28歳・専門職)

一番多かった対策は、断トツで「ナプキンをこまめに替える」ということ。なかにはピルを服用したり、吸水パンツを利用したりと、ナプキンとタンポン以外の経血対策もいくつかありました。

生理を少しでも快適に

吸水ショーツをはじめ、月経カップなど生理関連のフェムテック商品は今急速に広がりつつあります。約1か月に1度のペースでやってくる生理。自分に合った対策やアイテムをみつけて、体調面だけでなく、経血の悩みもできるだけ少なくしていきたいですね。
そして、あまりに経血が多いなと感じるときは一度婦人科へ行ってみるのもおすすめです。

(C)Isabel Pavia/Getty Images

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。