いまわたしたちにできること~美容・健康・環境も~

【ユニクロ】人気だけど何が違うの? 「ワイヤレスブラ」2種を比較してみた!

筆者の周りでも『ユニクロ』の「ワイヤレスブラ」を着用している人が多く、着心地がラクと大人気! しかし「バストメイク力はどうなんだろう」とエステティシャンの筆者としては気になるところ。そこで今回は『ユニクロ』のワイヤレスブラ2種を比較し、筆者が実際に使用してわかったことをご紹介します。

ユニクロのワイヤレスブラ「シェイプリフト」と「3Dホールド」を比較してみた

写真左:ユニクロ「シェイプリフト」、写真右:ユニクロ「3Dホールド」
写真左:ユニクロ「シェイプリフト」、写真右:ユニクロ「3Dホールド」

一般的なブラジャーは、バストを支えるために下側にワイヤーが入っているものが主流ですよね。一方ワイヤレスブラとは、ワイヤーの入っていないタイプの下着。スポーツブラやブラレット(三角ブラ)など動きやすく衣類に響きにくいものが一般的でしたが、最近はバストをキレイに見せるために工夫されたワイヤレスブラが多数展開されています。

なかでも、『ユニクロ』から発売されているワイヤレスブラはどの種類も人気! しかし、「商品を見ても何が違うのか分からない」と、購入する際に迷う人もいるのでは?

今回は『ユニクロ』のワイヤレスブラ「シェイプリフト」と「3Dホールド」を比較し、それぞれの質感や形、着用感や、どういったバストメイクをしたい人向きなのか、解説します。

生地の質感、素材の比較

写真左:ユニクロ「シェイプリフト」、写真右:ユニクロ「3Dホールド」
写真左:ユニクロ「シェイプリフト」、写真右:ユニクロ「3Dホールド」

まずは生地の素材や質感について。

『ユニクロ』ワイヤレスブラ シェイプリフト

「シェイプリフト」はレースデザインで、美しいバストラインを自然に演出し、胸をキレイにリフトアップしてくれるのが特徴です。

『ユニクロ』ワイヤレスブラ シェイプリフト

本体部分はナイロン75%、ポリウレタン25%、カップ表層生地はポリエステル100%で作られています。

表面にレースデザインが施されていますが、肌に触れる部分はストレッチが効くので、締め付け力は緩そうな印象。

『ユニクロ』ワイヤレスブラ 3Dホールド

「3Dホールド」はシンプルなデザインで、立体的に胸を包んでフィットし、バストを美しく整えることが特徴です。

『ユニクロ』ワイヤレスブラ 3Dホールド

ナイロン85%、ポリウレタン15%で作られていて、つるんとした肌触り。汗をかいても、乾きやすそうな素材です。

カップの形の比較

写真左:ユニクロ「シェイプリフト」、写真右:ユニクロ「3Dホールド」
写真左:ユニクロ「シェイプリフト」、写真右:ユニクロ「3Dホールド」

生地の質感や素材も大切ですが、ワイヤレスでもきちんとバストメイクできるかが最も気になるところ!

「シェイプリフト」はカップ全体に厚みがあり、バスト全体をボリュームアップしたい人によさそうです。一方「3Dホールド」は、「シェイプリフト」よりもカップの厚みは薄く、バストトップに向かって高さのある形が特徴なので、“トップの高さを出したい”、“自然にキレイな胸の形を作りたい”という人におすすめです。

写真左:ユニクロ「シェイプリフト」、写真右:ユニクロ「3Dホールド」
写真左:ユニクロ「シェイプリフト」、写真右:ユニクロ「3Dホールド」

カップ部分を比較すると、まるでワイヤー入りかのようなシルエットに! バストの下側部分をしっかり支えられるよう、工夫されているのがわかりますね。

写真左:ユニクロ「シェイプリフト」、写真右:ユニクロ「3Dホールド」
写真左:ユニクロ「シェイプリフト」、写真右:ユニクロ「3Dホールド」

「シェイプリフト」は谷間側の生地が大きめに作られているので、バスト全体をカップで支えながらボリュームアップも叶いそう。

対して「3Dホールド」は谷間側の生地は浅めですが、バストを下から持ち上げてトップを出す形状と自然な丸みを作れそうなシルエットです。

写真上:ユニクロ「シェイプリフト」、写真下:ユニクロ「3Dホールド」
写真上:ユニクロ「シェイプリフト」、写真下:ユニクロ「3Dホールド」

ホック部分はそれぞれ3段階に調整できる仕様。「3Dホールド」のほうがベルト部分から少し太めに作られていました。

実際に着用した感想

『ユニクロ』ワイヤレスブラ シェイプリフト/3Dホールド 着用比較

「シェイプリフト」
・ワイヤーの苦しさはなく、しっかりと肌にフィットして着心地は一般的なブラジャーに近い
・脇に逃げたバストもしっかりとキャッチしてくれる
・アンダー部分を支えてくれるため、バストが逃げにくい
・落ちたバストを自然に持ち上げつつ、谷間をふっくらメイクしてくれる
・ハト胸が気になる人、バスト全体のボリュームアップをしたい人におすすめ

「3Dホールド」
・つるんとした生地感で肌当たりがいい
・「本当につけてる?」と感じるくらい締め付け感はなく、つけ心地が軽い
・ホックベルト部分がフィットし、背中に逃げるバストをしっかりとキャッチしてくれる
・バストの下から支えてくれる
・バストの下がりが気になる人、ふわっとしたバストメイクをしたい人におすすめ

ワイヤレスブラを選ぶポイント

写真左:ユニクロ「シェイプリフト」、写真右:ユニクロ「3Dホールド」
写真左:ユニクロ「シェイプリフト」、写真右:ユニクロ「3Dホールド」

『ユニクロ』のワイヤレスブラ2種を比較して気づいたことは、着心地がラクなだけでなく、バストを逃がさないようにカップの下やフロント部分の工夫がされていて、バストメイクもしっかり叶えてくれること。

個人的に……
全体的なボリュームアップ感を出したいなら「シェイプリフト」
ふわっとした谷間とトップに形を作りたいなら「3Dホールド」

がおすすめです!

ワイヤレスブラを選ぶときに、もし作りたい胸のイメージがあるのなら、カップの厚みや形、脇や背中に逃げるバストをキャッチしてくれるホールド力で選ぶとよさそうです。

【商品情報】
『ユニクロ』「ワイヤレスブラ シェイプリフト」
サイズ:AA65/70、AB65/70、AB75/80、AB85/90、CD65/70、CD75/80、CD85/90、EF65/70、EF75/80、EF85/90
価格:¥1,990

【商品情報】
『ユニクロ』「ワイヤレスブラ 3Dホールド」
サイズ:AA65/70、ABC65/70、ABC75/80、ABC85/90、DEF65/70、DEF75/80、DEF85/90
価格:¥1,990

「ワイヤレスブラってどうなの?」「どのワイヤレスブラを選べばいいのかわからない」という人は、ぜひ選ぶときの参考にしてくださいね。

【参考】
『ユニクロ』公式サイト

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。