いまわたしたちにできること~美容・健康・環境も~

“生理休暇”って使ったことある? 女性818人に聞いたアンケートで「明らかになった実態」とは

生理期間中は、さまざまな症状に苦しむ女性が多いですよね。最近では生理中は仕事を休める“生理休暇”がある会社も増えてきましたが、実際のところ一体どれくらいの女性が活用できているのでしょうか? そこで今回は、女性に特化した転職サイト『女の転職type』が実施したアンケートをもとにその実態を見ていきましょう。

生理が仕事に影響した人は全体の8割以上!

“生理休暇”を使ったことある? 女性818人に聞いたアンケートで「明らかになった実態」とは

『女の転職type』は、会員818人を対象に「生理休暇とったことある?」というアンケート調査を実施。

その結果、生理やPMS(※1)によって仕事に影響が出たことがあるかという質問については、全体の8割以上の人があると回答しました。

※1 PMS(月経前症候群)は、生理の3~10日ほど前から生じる精神的および身体的な不調と定義

sub5

具体的に仕事上でどのような影響があったかについては、仕事をうまく進められなくなるといった意見が6割以上も寄せられています。なかには、早退やお休みをする人もいるとのこと。

その他にも、イライラして他の人に強く当たってしまうことや、普段は間違えない箇所でミスをしてしまうことがあるという声がありました。

生理現象というやむを得ない事情ではあるものの、症状が重い時やナプキン交換などで担当の仕事を離れる回数も増えるため、周囲に迷惑をかけていると感じている人もいました。

「生理休暇」という制度はあるものの、活用が進んでいない…

sub1

生理が仕事に影響することに悩む女性が多いなか、生理休暇を導入している企業はどれくらいあるのでしょうか?

今回のアンケートによると、会員が所属している企業の就業規則に、生理休暇があると答えたのは36.5%。有給か無給かどちらの扱いになるかは、およそ半々という結果です。

一方、就業規則にないと回答した人は5割にのぼります。このことから、生理休暇は企業の制度としてまだ広く普及していないと言えそうです。

sub2

さらに、生理休暇を実際に活用したことがある人に関しては全体の7.0%、生理休暇が企業の制度としてあると答えた人のなかでも、活用したことがあるのは12.7%という結果に(※2)。

このアンケート結果を見るに、生理休暇は制度としてあるものの、積極的に活用されているとは言えない現状が伺えます。

職場が忙しく人手が欠けると業務が滞るなど、利用しにくい要因はさまざまあると思いますが、やはり周囲への負担や活用しづらい社内の空気感が休暇取得のハードルになっているのかもしれません。

※2 生理で欠勤したことはあるが、生理休暇を取得しなかった人は「ない」を選択

いかがでしたでしょうか。今回のアンケートからは生理休暇の活用が進んでいないという実態が浮き彫りになりました。

休暇を取るのが難しい側面もありますが、生理の日は業務量について上司に相談するなど、できる範囲の行動を積み重ねるようにすると、生理に対する職場の人々からの理解も徐々に深められるかもしれませんね。

【参考】
生理休暇を使ったことがある人は7.0%!約8割の女性が生理、PMSが仕事に支障をきたすと回答/『女の転職type』が働く女性にアンケート【第32回】 - PR TIMES
©株式会社キャリアデザインセンター
©kei907/shutterstock

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。