いまわたしたちにできること~美容・健康・環境も~

ぽっこりお腹が気になる方必見! 引き締まったお腹に導く簡単マッサージ【夜編】

リモートワークで運動不足が続き、お腹まわりがなんだかきつく感じる……そんな悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?
そこで今回は、エステティシャンでもある筆者が、1日たった5分でできるお腹マッサージ法をお教えします。

姿勢・腹筋・腸の働きを見直してぽっこりお腹を解消

「パンツを履くとお腹まわりがきつく感じる」「下腹のあたりがぽっこりとしてきた」などお腹まわりに関する悩みはつきないもの。

そこで質問です。立っている時や座っている時にお腹の力を抜いて楽な姿勢をしていませんか? 

お腹まわりの力を抜いた姿勢が続くと、姿勢の歪み、筋力の低下によって内臓が下垂。結果、腸の動きが鈍くなります。そのため便秘になったり、下腹や内臓まわり、腰回りに脂肪がつきやすくなるんです!

解消させるためには、日頃の座り姿勢や立ち姿勢を意識し、下腹を引き締めるのはもちろんですが、マッサージを取り入れるのがおすすめ。

腸の動きを活性化し、余分な脂肪の燃焼をサポートしましょう!

ぽっこりお腹解消マッサージ

マッサージの際に必要なものはボディオイルやクリーム!
すべりを良くしてマッサージを行ないましょう。

1

1.まず足を肩幅に広げ、下腹をグッと引き締めて立ちます。

2

2.そして、横腹の奥にある腸をおさえてください。骨盤は正面を向いたまま、下腹を引き締めて上半身をゆっくり左右に倒すのを計20回繰り返します。(約30秒)

3

3.次に横腹の奥の腸をおさえ、下腹を引き締めたまま、上半身をゆっくり前に倒して5秒キープ。上体を起こす動作を10回繰り返します。(約80秒)

4

4.右手で左ウエストを腰からおへそに向かって10回流し、同様に左手で右ウエストを腰からおへそに向かって10回流します。これによってウエストのくびれを作ります。(約30秒)

5

5.骨盤の内側には腸の角があり便が停滞しやすい場所です。人差し指と中指の腹で円を描くようにほぐし、下に向かって流すを10回繰り返します。(約60秒)

6

6.下腹を引き締め、親指の腹をあばらの下に置き、おへその横、下腹に向かって5回流します。(約10秒)

7

7.おへその下を出発点に、自分から見て時計まわりに、右骨盤の内側、右あばらの下、胃、左あばらの下、左骨盤の内側に向かって少し圧をかけながらゆっくり10周マッサージします。(約60秒)

これで一通りマッサージは終了です。

いかがでしたか? まずは日頃の姿勢を意識することが大事ですが、夜のお風呂上がりなどに約5分間だけでも、お腹をマッサージしてみてください。腸内に溜まった老廃物を流す、下腹に溜まった脂肪を燃焼させることが期待できますよ。
続けていくと、ぽっこりお腹の解消にもつながるはずです。気になる方は、今夜から挑戦してみてくださいね!

©bbernard/shutterstock

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。