いまわたしたちにできること~美容・健康・環境も~

ルイ・ヴィトンのロゴが目立つ! ユニセックスでサステナブルなスニーカーが登場

ルイ・ヴィトンから“サステナブルなスニーカー”『チャーリー』が2021年11月中旬に発売されるとのこと! そこで今回は、スニーカーの魅力をいち早くご紹介します。

サステナブルなスニーカー「チャーリー」とは?

©Louis Vuitton Malletier
©Louis Vuitton Malletier

2021年11月中旬に登場予定のルイ・ヴィトンの『チャーリー』は、環境負荷を抑えたサステナブルなスニーカー。リサイクル素材やバイオ素材が、90%も使われています。

スニーカーのさまざまなパーツにサステナブルな素材が使われていますが、ブランドが大切にしている“機動性・快適性・高品質”という価値観はすべて備わっているとのこと。

ソールにはリサイクル・ラバーが94%以上使われていて、しなやかな動きが実現。衝撃から足を守ってくれるので履き心地も快適なんです。

アッパーは、リサイクルポリエステルとバイオポリオーリ(※1)を重ねて製作。グレイン加工を用いることで、なめらかな合成素材に仕上がっています。

そのほか、リサイクル素材100%で作られたシューレースや、タンパッチ、背面、シグネチャー部分など、ボディの随所にエコな素材が採用されていますよ。

サイズは34~47と豊富な展開で、男女ともにセレクトできるアイテム。シルエットはロートップもしくはハイトップの2タイプから選べます。さまざまな洋服に合わせやすいデザインなのも魅力です。

【商品情報】
『チャーリー』
サイズ:34-47(USサイズでは3-13)
シルエット:ロートップ/ハイトップ

※1 トウモロコシを原料とするプラスチックのこと

ルイ・ヴィトンのサステナブルな取り組み

©Louis Vuitton Malletier
©Louis Vuitton Malletier

ルイ・ヴィトンは、『チャーリー』を完成させるだけでなく、これまで使用していたパッケージもサステナブルな仕様にチェンジ!
『チャーリー』を包むフェルトには、再生可能な木材を使った『テンセル™』(※2)を採用しています。

100%リサイクル厚紙でできたシューズボックスは、同じく木質繊維の「テンセル™」を使用したハンドル付きのバッグに変身。2つのサイズ展開で、合計約70%の材料の節約を実現しているんです!

また、植物由来インクやシューズボックスの内装にクラフト原紙を採用したことも、パッケージが環境に与える負荷を軽減することに貢献しています。

※2 FSC®(Forest Stewardship Council:森林管理協議会)の認証を受けた再生可能木材資源を原料とするブランド繊維

ルイ・ヴィトンが目指す世界とは?

ルイ・ヴィトンは、「ルイ・ヴィトンの終わらぬ旅」という持続可能な社会を目指すためのポリシーを掲げています。

そのなかには6つの行動方針があり、それに基づいて天然資源の保護を行なったり、積極的にサステナブルな取り組みを行うことで社会にプラスの影響を与えることを目指しているそう。

ルイ・ヴィトンのサステナブルな取組みを詳しく知りたい方は、ぜひ公式サイトをチェックしてみてくださいね。

■ルイ・ヴィトンの公式サイトはコチラ

オシャレで高品質なだけでなく地球にも優しいスニーカー『チャーリー』。

ジェンダーフリーなデザインなので、彼やお友達と一緒に購入してみるのもいいかもしれませんね。

【参考】
ルイ・ヴィトンよりサステイナブル素材のユニセックススニーカー「チャーリー」が11月中旬に登場予定 - PR TIMES
©ルイ・ヴィトン ジャパン株式会社
『ルイ・ヴィトン』公式サイト

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。