いまわたしたちにできること~美容・健康・環境も~

みちょぱ「古着を組み合わせて…」今すぐマネできる“サステ”なファッションを披露

モデルでタレントの池田美優さん(以下、みちょぱさん)が「メルカリ グリーンフライデープロジェクト 2021」の発表会に登場。人気スタイリストのSHOCOさんと一緒にトークセッションが行われました。みちょぱさんのかわいいエコファッションも要チェックです!

みちょぱさんがアンバサダー!

今回開かれたイベントは、「メルカリ グリーンフライデープロジェクト 2021」の発表会。「グリーンフライデー」とは、モノを大切に長く使うなど、地球環境に優しい持続可能な消費を促す取り組みのこと。このプロジェクトアンバサダーに、みちょぱさんが就任しました。

アンバサダーとしての意気込みを問われると、みちょぱさんは「サステナブルやSDGsという言葉を聞くようになりましたけど、まだまだこれからと思うので、私自身もこの機会に活動を広げていけたらと思います」と笑顔でコメント。

また、この日のファッションについては、「スカートとスカーフ(ヘアに使用)が古着になっていて、それを組み合わせました。ファーもエコファーで靴もエコレザー。エコのものを使ったコーデにしてみました」とサステナブルなポイントを紹介してくれました。

今回のプロジェクトの目玉は、メルカリ初のファッション実店舗「サステなストア」。身近なサステナビリティを体験できるショップとして、11月25日(木)から27日(土)までの期間限定で表参道にオープンします。

「サステなストア」では、一般の利用者がメルカリに出品したアイテムから、みちょぱさんをはじめアンバサダーの方々がセレクトした商品が店頭に並ぶほか、アンバサダーが着なくなった私物も販売予定。売上金は、自治体や慈善団体に寄付されます。

人気スタイリストSHOCOさんも登場!

また、anan Beauty+の連載でもおなじみの人気スタイリスト、SHOCOさんもプロジェクトアンバサダーに就任。イベントでは、みちょぱさんとSHOCOさんのトークセッションが行われました。

――普段、どんなふうにサステナブルに取り組んでいますか?

みちょぱさん 着ない洋服は後輩や友だちにあげたり、再生利用されたTシャツを買ってみたりとか、ちょこちょこしたことからやってみています。ボランティアもそうですけど、細かいことを積み重ねていくのが大事だなと思うので、意識するだけでも全然違うと思います。

SHOCOさん 私も小さいことなのですが、牛乳パックや食品トレイをリサイクルしたり、洗濯のとき排水にマイクロファイバーが流れ出てしまわないような洗濯ネットを使ったり、そのような取り組みをしています。

――今回のプロジェクトについて、どのように思いますか。

みちょぱさん メルカリって、普通に考えてみたら、最初からサステナブルっぽいですよね。いらないものを出品して必要な方が買うというシステムなので、最先端をいっていたなと思いましたね。

SHOCOさん このプロジェクトに私たちスタイリストが参加して、アイテムやコーディネイトを提案することで、物を売買するだけでなく、ファッションを楽しむきっかけになったらうれしいです。今までメルカリを使っていた方だけでなく、新しく使い始める方にも楽しんでいただけたらいいです。

みちょぱさんは、ほぼゴミゼロ!

――いらなくなった洋服は、どうされていますか?

みちょぱさん 基本的に着まわせるものが大好きなので、特徴のある服はあまり買わなくて、来年も着られるからとっておきます。ただ2、3年着なかったものは、部屋に大きな紙袋を置いて、そこに入れておくと、友だちや後輩が遊びにきたときにもらっていってくれます。洋服に関しては、ほぼゴミはゼロ(笑)。みんな喜んでもらってくれますし、母親もけっこう着てくれますよ。部屋着とかにしているみたいです。

SHOCOさん 私は、職業柄本当にどんどん洋服がたまってしまうので、定期的にスタイリスト同士でフリーマーケットを開催して、買ってもらったりしています。

――「サステなストア」のオープンに向けて、どんなアイテムを選びますか?

みちょぱさん 自分好みになる可能性があります。私の服装の系統が似ている方は、チェックしてほしいと思います。

SHOCOさん 今年の秋冬は、割とデコラティブなお洋服がトレンドなので、デザイン性のある華やかなニットを出そうかなと思っています。ちょっとプロっぽいものを出していきたいです。

――改めて、アンバサダーとしてメッセージをお願いします。

みちょぱさん こういった活動は、どんどん広まっていってほしいと思いますし、広めていきたいという気持ちもあります。ただ、何年後かには当たり前になっていると思うので、先に「グリーンフライデー」という言葉を知ることができ、知っていたぞという気持ちで言えるので、今回この活動に参加できるようになり、うれしいです。みなさんも、できることからはじめてほしいと思います。

SHOCOさん 今回のプロジェクトは、ファッション業界にとってもすごく重要な取り組みになりますので、私もがんばってセレクトします。みなさんもぜひ参加して、ご自分のワードローブを循環させるようにしていただけたらいいなと思います。

自分の子どもが生きやすくなってほしい…

イベント終了後、みちょぱさんへの質問会が行われました。

――サステナブルな活動で、現在継続していることはありますか。

みちょぱさん サステナブルで有名なのは、エコバッグですよね。私は、普段あまりスーパーやコンビニに行っていないので必要ないのかなと思っていたのですけど、この二週間ぐらい、珍しくスーパーに二回行ったので、エコバッグは大事だなと思いました。昨日ゲットしたものもあり、小さくたためるものもあるので、普段からエコバッグは入れておきたいと思いました。

――今回のプロジェクトには、どんな人に参加してほしいですか。

みちょぱさん こういう活動は、年齢も性別も問わないと思います。幅広く参加してほしいですが、私的には20代30代の私と同じ世代は、今後親になって子を持つことになり、自分の子どもが生きやすくなってほしいなと思うので、これから親になる世代の方は活動してほしいです。

――最後に、ハロウィンはどのように過ごす予定ですか。

みちょぱさん 急に全然関係ないテーマですね(笑)。あまり人混みが好きではないし、このご時世なので外には出ないです。それに、その前日は23歳の誕生日なので、まずそこから考えたい。昔はハロウィンで仮装をやっていたのですけど、今はもうみんなすごいプロ並みにメイクや衣装をそろえて勝てないです。そういうのはやらず、普通に仕事とかしていると思います(笑)。

自然体なみちょぱさんのトーク、いかがでしたか。みちょぱさんのように着ない洋服を友だちにあげたり、古着を買ったり、そんな活動なら肩ひじ張らずすぐにマネできそうです。

また、みちょぱさんやSHOCOさんがセレクトしたアイテムが買える「サステなストア」も、どんな服が並ぶのか楽しみですね。もちろん、買うだけでなく出品もできるので、この機会に参加してみてはいかがでしょうか。

以上、「メルカリ グリーンフライデープロジェクト 2021」イベントレポでした!

【参考】サステなストア
https://jp-news.mercari.com/sustaina-store2021/

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。