いまわたしたちにできること~美容・健康・環境も~

無印良品の防災セットが便利そう!  普段使いもできて常備しておきたい「防災グッズ」15選

9月1日は防災の日。家にある防災グッズを見直す人もいるでしょう。今回は、非常時だけでなく普段の食事でも活躍する非常食「ローリングストック」に最適な備蓄食と、見た目がおしゃれでインテリアにもなる防災グッズを中心に震災に備えたいアイテムをご紹介します。

「防災の日」だから見直したい、備蓄グッズ

防災用品を日頃からきちんと備えておくことで、いざというときも安心して過ごすことができるはず。

最近ではローリングストックと呼ばれる食品もたくさん出てきています。ローリングストック法とは、日常的に非常食を食べながらも、食べたら買い足すという行為を繰り返すことで、常に家庭に新しい非常食を備蓄するという方法。

そこで今回は、いざというときはもちろん、日常でも使えそうな防災グッズをご紹介します。

常備食におすすめの食品5選

1.『フリーズドライご飯』

永谷園『フリーズドライご飯』

まずご紹介するのは、永谷園から登場した賞味期限8年の『フリーズドライご飯』。

このご飯には防災ご飯で主流と言われる“アルファ化米”ではなく、より短時間で調理できる“フリーズドライ製法でできたご飯”を採用! 容器にスプーンが入ってるので食器不要で、お湯なら3分、水なら5分でおいしいご飯を作ることができます。

しかも、この『フリーズドライご飯』はいざというとき、水なしで“あられ”のような感覚で食べることもできるので、気になる人はトライしてみては?

【商品情報】
『フリーズドライご飯』
価格:オープン価格
賞味期限:8年

2.『A-Label(エー・ラベル)あたためなくてもおいしいカレー ポーク甘口/中辛』

永谷園『A-Label(エー・ラベル)あたためなくてもおいしいカレー ポーク甘口/中辛』

続いて紹介するのも永谷園から発売されているもので、その名も『A-Label(エー・ラベル)あたためなくてもおいしいカレー』。

食物アレルギーを持つ人にもおすすめできる商品で、卵・乳・小麦・そば・落花生・大豆の他、香料や着色料、化学調味料なども不使用とのこと。

商品名にある通り、温めなくてもおいしく味わえるうえに、賞味期限が5年もあるのが魅力です。

【商品情報】
『A-Label(エー・ラベル)あたためなくてもおいしいカレー ポーク甘口/中辛』
価格:オープン価格
賞味期限:5年

3.『KOIKEYA LONG LIFE SNACK 6缶セット』

湖池屋『KOIKEYA LONG LIFE SNACK 6缶セット』

3つ目は、湖池屋の『KOIKEYA LONG LIFE SNACK 6缶セット』。こちらも賞味期限が5年と長期間保存できる優れものです。

万が一な事態が起きても、こういった食べなれた味が非常食のなかにあると一息つけそうです。パッケージもオシャレなので、防災食をプレゼントする際にもおすすめです。

【商品情報】
『KOIKEYA LONG LIFE SNACK 6缶セット』
価格:¥1,980 ※送料別
賞味期限:5年

4.『ローリングストック用フルグラ®ビッツBOX』

カルビー『ローリングストック用フルグラ®ビッツBOX』

4つ目に紹介するのは、朝食でお馴染みの『フルグラ®』から登場した賞味期限10か月のローリングストック用『フルグラ®ビッツBOX』。

1袋で、バナナ2本~3本分の食物繊維(※1)が摂れるうえに、球状のフレークでこぼれづらく、食べやすいのも嬉しいですね。

リモート中のおやつとして常備しながら、数が少なくなったら買い足すというのがおすすめです。

【商品情報】
『ローリングストック用フルグラ®ビッツBOX』
価格:¥980
賞味期限:10か月

※1 バナナ1本(可食部100g)の栄養成分表示値は日本食品標準成分表2020年版(八訂)より算出

5.『暮らしのおかゆシリーズ』

はくばく『暮らしのおかゆシリーズ』

5つ目に紹介するのは、防災食としてはもちろん、日常的にも食べやすい『暮らしのおかゆシリーズ』のレトルトおかゆ。

2021年9月1日(水)からは、このシリーズに白米ベースのおかゆ4品(写真上段)が仲間入りするそう。

雑穀ベースのレトルトおかゆ(写真下段)は常温で賞味期限480日、白米ベース(写真上段)は賞味期限540日と長期保存が可能で、味の種類も多いので、いざというときに重宝すること間違いなしです。

【商品情報】
『暮らしのおかゆシリーズ』
価格:¥980
賞味期限:雑穀ベースは480日、白米ベースは540日

常備しておいて損なし! 防災グッズ10選

1.「ビーボ 防災備品」

「ビーボ 防災備品」

まず紹介するのは、デザインが豊富でおしゃれな見た目の、セミオーダー式防災備品『ビーボ 防災備品』。

防災の専門家が選定した多機能ラジオや、多機能ツール、簡易救急ツールのほか、家族構成に合わせて「男性」「女性」「シニア」「キッズ」の4種類の属性ユニットから選んで組み合わせることができます。

【商品紹介】
『ビーボ 防災備品』
価格:¥17,380
サイズ:幅51.7×高さ29×奥行20㎝

2.『アートトワレ トイレ処理セット』

『アートトワレ トイレ処理セット』

続いて紹介するのは、防災グッズでありながらインテリアとして飾れるデザイン性を持つ『アートトワレ トイレ処理セット』。

保存期間は10年と長く、なかにはトイレ関連の処理セットが豊富に入っています。デザインは置き場所に合わせて、写真、イラスト、グラフィックなどから選べますよ。

【商品情報】
『アートトワレ トイレ処理セット』
価格:¥1,760
内容量:5回分
重量:約250g
サイズ:幅17×高さ17×奥行2.5㎝

3.『ドライバッグ 2リットル』

『ドライバッグ 2リットル』

防災時の水の確保に必用な給水バッグと、濡れると困るスマホや、食料、衣服などを守る防水袋としての2つの機能を持つ『ドライバッグ 2リットル』。

いざというときに重宝する、1つは常備しておきたいアイテムです。

【商品情報】
『ドライバッグ 2リットル』
価格:¥748

4.『ハイパワー加熱セット』

『ハイパワー加熱セット』

4回分の発熱剤がセットになった『ハイパワー加熱セット』。

これがあれば火や電気を使わずとも、なかに入っている発熱剤と水だけで保存食を温めることができます。

いくつか常備しておくと、電気やガスなどが使えないときに便利でしょう。

【商品情報】
『ハイパワー加熱セット』
価格:¥1,210

5.『COGIT(コジット)/小さく保存!ストッパー付シャワーバッグ』

『COGIT(コジット)/小さく保存!ストッパー付シャワーバッグ』

万が一のときだけではなく、アウトドアでも活躍する『COGIT(コジット)/小さく保存!ストッパー付シャワーバッグ』。

畳むと防災袋に入いるくらいコンパクトなサイズなのに、約20Lも水を入れられます。

黒色の本体部分で太陽の熱を吸収し水を温めることができるほか、付属のフック付ロープを木などに吊り下げれば即席シャワーとしても使えます。

【商品情報】
『COGIT(コジット)/小さく保存!ストッパー付シャワーバッグ』
価格:¥2,178
サイズ:本体/60×41cm(ホース部/37cm・シャワーヘッド部/20cm)、フック付ロープ/110cm
重量:約372.5g

6.『人感センサー付きバーライト』

『人感センサー付きバーライト』

続いては、LEDでできた『人感センサー付きバーライト』をご紹介。

シーンに合わせて暖色と白色を使い分けることができ、搭載されている人感センサーによって人の動きを感じると瞬時に点灯。動きがなくなると、約20秒で自動消灯します。

サイズも片手に収まるサイズなので、常時点灯としても手持ちライトとしても使えます。最長14時間も連続使用できるため、頻繁に充電しなくても大丈夫なアイテムです。

【商品情報】
『人感センサー付きバーライト』
価格:1本組¥2,990、2本組¥5,980
サイズ:約幅28×奥行3㎝×高さ3.4㎝
重量:約145g

7.『COGIT(コジット)/足まもりーな』

『COGIT(コジット)/足まもりーな』

暗闇の中で行動するときなどに心強い味方となってくれる靴のインソール『COGIT(コジット)/足まもりーな』。

アラミドシート内蔵(※2)で釘などの危険物を通さない仕様になっており、災害時に足元をまもってくれます。

他にも、これを靴の中に入れておくと足の痛みと疲れを軽減してくれるそうなので、普段から靴にいれておくのもよさそうですね。

【商品情報】
『COGIT(コジット)/足まもりーな』
サイズ:M-L24.0~25.0cm
価格:¥1,408
重量:約131.5g

※2つま先には内蔵されていません

8.無印良品『いつものもしも 携帯セット』

無印良品『いつものもしも 携帯セット』

無印良品の『いつものもしもセット』がリニューアル!

『いつものもしも 携帯セット』では、価格が¥1,690から¥990へと変更され、より購入しやすい価格となりました。

中身はセットに内包されているEVAケースに入れて携帯することができ、いざというときに役立ちます。さらに、パッケージはエチケット袋としても使えるそう。

低価格なので、備えの第一歩としておすすめですよ。

【商品情報】
『いつものもしも 携帯セット』
価格:¥990

9.無印良品『いつものもしも 持ち出しセット』

無印良品『いつものもしも 持ち出しセット』

普段はお出かけや旅行に使え、いざというときには家から避難する際に役立つ『いつものもしも 持ち出しセット』。

水が入りにくい持ち手付きのパッケージは、濡らしたくないものを持ち出すときに役立ちます。防災時の他、アウトドアなどのシーンでも重宝してくれそう。

【商品情報】
『いつものもしも 持ち出しセット』
価格:¥3,990

10.無印良品『いつものもしも 備えるセット』

無印良品『いつものもしも 備えるセット』

普段はアウトドアなど屋外での活動に使うことができて、いざというときには、自宅で過ごすときに役立つ『いつものもしも 備えるセット」』。ファイルボックス型で、箱の高さは、無印良品の『ポリプロピレンファイルボックス・スタンダードタイプ』と同じだそう。自宅の本棚や、仕事場のファイル棚などのスペースに保管できちゃいます。

【商品情報】
『いつものもしも 備えるセット』
価格:¥5,490

ユニクロが提案する「服の備えチェックリスト」の確認も!

uniqlo_sonae

「防災の日」に合わせ、ユニクロの公式サイトでは、災害非難のときに役立つ『服の備えチェックリスト』が公開されました。

災害の備えとして衣服まで備蓄している人は少ないかもしれません。しかし、下着やアウターなど、どのアイテムが何枚ぐらい必要なのかが一覧にまとめられているので知っておくと参考になるはず!

気になる人は公式サイトをチェックしてみてくださいね。

■ユニクロのチェックリストが確認できるページはこちら

いかがでしたか? 災害に対する備えは人それぞれだと思いますが、万が一のときのために、できることから始めてみてください。

【参考】
フリーズドライご飯が「日本災害食認証」を取得しました!‐PR TIMES
5年保存できるポテトチップス 湖池屋「LONG LIFE SNACK (6缶セット)」8月26日より湖池屋オンラインショップにて販売開始‐PR TIMES
「災害食大賞©2021」の「ローリングストック部門」において最高賞を受賞!防災の日を前に新登場!おいしく食べて備えて安心な備蓄食『ローリングストック用フルグラ®ビッツBOX』‐PR TIMES
日常食から非常食までオススメ『暮らしのおかゆシリーズ』レトルトおかゆ4品を9/1(水)新発売!‐PR TIMES
【西武池袋本店】「備えたくなる防災フェア」おうち時間で防災備品にも変化‐PR TIMES
【ロフト】アートとして飾れる備蓄トイレや、”浮くリュック”など普段から使いたい今どき防災グッズ‐PR TIMES
ディノスより、災害時以外のシーンでも活躍する防災アイテムを発売‐PR TIMES
「いつものもしも」新商品発売と活動拡大のお知らせ‐PR TIMES
9月1日は「防災の日」 災害時の備え、準備されていないもののひとつは服でした‐PR TIMES
©株式会社永谷園ホールディングス
©湖池屋
©カルビー株式会社
©株式会社はくばく
©株式会社そごう・西武
©株式会社ロフト
©株式会社 DINOS CORPORATION
©株式会社良品計画
©ユニクロ

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。