いまわたしたちにできること~美容・健康・環境も~

誰もが安心して自分らしくいられる世界を目指して… パンテーン「#PrideHair・サロン」プロジェクトに注目!

P&Gのヘアケアブランド『パンテーン』は、「あなたらしい髪の美しさを通じてすべての人の前向きな一歩をサポートする」ことをブランド理念として掲げ、2020年9月より、LGBTQ+(セクシュアル・マイノリティ)の元就活生とともに、“自分を偽らず、自分らしさを表現できる就職活動”について考える『#PrideHair』を行っています。

ダイバーシティに配慮した美容室を… パンテーン「#PrideHair・サロン」プロジェクトに注目

『#PrideHair』プロジェクトでは、テレビCM・新聞広告・デジタル動画、および公式ブランドサイトにてLGBTQ+の元就活生の体験談が公開されました。動画は1週間で2,000万回再生を超え、SNS上では賛同や共感の声が寄せられるなど話題を呼びました。

一方で、まだまだジェンダーへの偏見や思い込みが、社会に多く存在することも判明。美容サロンで働く人から、「サロンを、さらにひとりひとりの個性に寄り添う場所にできないか」といった声や、LGBTQ+当事者の方からは「ダイバーシティに配慮した美容室が増えて欲しい」といった声があがり、パンテーンでは、『#PrideHair・サロン』プロジェクトをスタートしました。

「#PrideHair・サロン」プロジェクトとは

LGBTQ+当事者への調査

【パンテーン】#PrideHair・サロン

同社が調査した結果によると、75%のLGBTQ+の方々が、「ヘアサロン(美容院・理容室)で自分が本当になりたい髪型をオーダーできなかったことがある」と回答しています。また、半数以上のセクシュアル・マイノリティが、「伝えると通いづらくなりそう」などの理由で「自身のセクシュアリティを伝えたいと思わない」と回答しています。

そして、80%と多くの方々が、「セクシュアル・マイノリティ(LGBTQ+)を始めとする、ダイバーシティに配慮したヘアサロン(美容院・理容室)が増えてほしい」と答えています。

美容サロンで働く方への調査

【パンテーン】#PrideHair・サロン

美容サロンで働く方のうち半数以上の美容師・理容師が、「ヘアサロンにおいて、セクシュアル・マイノリティのお客様への配慮や取り組みは必要だと思う」と回答。しかし、93%の美容師・理容師が、「勤めているヘアサロンに、セクシュアル・マイノリティのお客様への対応など、ダイバーシティに関するガイドラインがない・あるかわからない」と答え、まだまだジェンダーに関する制度や理解・対応が不足している可能性があることがわかりました。

これらの調査も踏まえ、『#PrideHair・サロン』プロジェクトは、ヘアサロン向けLGBTQ+フレンドリーマニュアルの作成・普及を皮切りに、プロジェクトに賛同するサロンを全国に広める活動やLGBTQ+当事者と多様性を尊重するヘアサロンがマッチングしやすい仕組みづくりなどに取り組んでいくとのことです。

■『#PrideHair・サロン』プロジェクトはこちら

LGBTQ+フレンドリーマニュアル作成のためのワークショップも実施!

【パンテーン】#PrideHair・サロン

『#PrideHair・サロン』プロジェクトの展開に先立ち、2020年12月15日~16日に美容サロン向けLGBTQ+フレンドリーマニュアル作成のためのオンラインワークショップを開催。

ワークショップでは、「多くの美容サロンにおいて、LGBTQ+が抱える課題についてそもそも意識されていない」という課題のもと、LGBTQ+の当事者10名と、LGBTQ+フレンドリーを実践しているヘアサロンで働く美容師3名によるディスカッションが行われました。

【パンテーン】#PrideHair・サロン

LGBTQ+の当事者の方からは、「会話をあまりしないようにしているため、本当になりたい髪型をオーダーし 、実現することができない」という意見もあるなか、居心地の良いヘアサロンが見つかってからは「色々な髪型をオーダーできるようになり、ヘアサロンへ行くのが楽しみになった」「『予約時のお名前で呼ばせて頂きます』とHPに記載があると、それだけで配慮してもらえているという安心感が得られて嬉しい」といった意見もあげられました。

美容師の方からは、「美容室は前提として、お客様を素敵にし、ワクワクさせる場所であるべきだと思う」という意見も交わされました。

パンテーンでは、引き続きダイバーシティー&インクルージョン(多様性の受容と活用)の取り組みを進めていくほか、2020年には婚姻の平等(同性婚の法制化)に賛同する企業を可視化するための『Business for Marriage Equality』にも賛同するなど、今後も誰もが安心して自分らしくいられる世界を作る活動に取り組んでいくとのこと。

これからもパンテーンの活動に注目です!

【参考】
#HairWeGo 80%のLGBTQ+の方が回答した「ダイバーシティに配慮した美容室が増えて欲しい」という願いを受けて パンテーン『#PrideHair・サロン』プロジェクトが始動-PR TIMES
©︎プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。