いまわたしたちにできること~美容・健康・環境も~

間違えると老け肌になります! 美容担当が教える「マスク時代の日焼け対策」

日焼け止めを塗るのは習慣化しているという方も、マスク生活が長引く今はついつい油断しがち。顔はマスクの摩擦で取れやすく、手はこまめに洗ったり消毒したりするためUV対策がおろそかに…。紫外線は肌老化の大きな原因です。今のライフスタイルに合わせた日焼け対策をまとめました。将来のキレイに差がつくのは今ですよ。

顔の日焼け対策はちょっとした工夫で変わる!

日焼け 紫外線 老け 見え 肌 対策 マスク コロナ

顔には日焼け止めを塗って外出しているという方も、例年とは違う今は要注意です。マスクの擦れや湿気が原因だと思っていた肌荒れが、実は紫外線ダメージから来ている可能性も。

顔全体に日焼け止めを塗り広げたら、マスクが擦れやすい部分に重ね塗りしましょう。頬の高いところや鼻など、マスクが触れている箇所は密着させるようにハンドプレスして。マスクがズレて紫外線にさらされやすいところでもあるため、丁寧に塗りましょう。

また、塗り忘れやすい顎裏から首、頬の横や耳も抜かりなく。シミやシワの原因をブロック。

紫外線を透過するマスクも少なくないため、知らず知らずのうちにダメージを受けている可能性があります。特に気をつけたいのは、リップ。

リップアイテムを使わなくなったという方もいらっしゃるかもしれませんが、紫外線からは無防備な状態です。マスク着脱による乾燥も荒れの原因になるため、保湿効果とUVカット機能のあるリップクリームを活用して。マスク移りを気にせず対策できますよ。

日焼け止めは、ケチらず使って、なじむまで待つのもポイント。塗ってすぐにマスクをつけると、日焼け止めが落ちてしまう原因にもなります。スキンケア時に塗って、雑用を済ませてから外出するなど、日焼け止めを塗るタイミングを早めてみるのもオススメ。

酷使する手は優しくいたわって

日焼け 紫外線 老け 見え 肌 対策 マスク コロナ

手洗いや消毒の回数が増え、そのたびに日焼け止めが落ちてしまいます。手は年齢が出やすいパーツでもあるので、気をつけたいところ。

ただし、手洗いなどによる乾燥も気になると思うので、UVケアができるハンドクリームを常備すると便利です。

毎日使うものなので、テクスチャーや香りにもこだわって。心地よいと思えるアイテムを使うと、ハンドケアも楽しくなるかも。手洗いや消毒などでダメージを受けた手もいたわってあげて。

気を抜きがちなボディも今が勝負

日焼け 紫外線 老け 見え 肌 対策 マスク コロナ

外出する機会が減って、ファッションも気を抜きがちな今。それに伴い、ボディの日焼け対策もおろそかになっていませんか? 肌露出が増える季節なので、きちんと塗るのが大切です。

腕や脚など範囲が広い部位は、日焼け止めを肌に直接出しましょう。直線を描くようなイメージです。そのままらせんを描くように、ぐるぐると塗り広げるようにすると、ムラになりにくいですよ。

脚の側面、ひじやひざの裏は、塗り残しやすいので気をつけて。首の後ろや背中も、日焼けしやすいので注意。

日焼け止めを賢く選んで負担減!

日焼け 紫外線 老け 見え 肌 対策 マスク コロナ

マスク荒れしやすい今は、日焼け止めの選び方にも気をつかって。

マスク着用時は、摩擦や汗に強いものを使うと便利です。肌への負担が気になる場合は、敏感肌用など低刺激タイプも常備するのがオススメ。肌状態やシーンに合わせて使い分けてください。

また、UVカット機能のついた色つきリップを使えば、マスクを外したときの血色の悪さもカバーできて一石二鳥。色移りもしにくいのでオススメです。

顔用の日焼け止めをボディに使っても問題ありませんが、UVカット効果が物足りないことも。逆に、ボディ用を顔に使うと刺激が強いことがあるので、避けたほうがベターです。

外歩きが多いなど、ボディの日焼けリスクが高い方は、顔用とボディ用を使い分けるのがオススメ。時短したい方は、顔・ボディ兼用タイプを使ってみて。自分のライフスタイルに合わせて選ぶと、毎日のケアも負担になりにくいですよ。

つい油断しがちな今ですが、紫外線が降り注ぐことには変わりありません。ケアを怠っていると、将来も老け見えしやすくなります。ライフスタイルが変わった今に合わせた紫外線対策で、未来の美をキープしましょう。

(C)Lumina Images/Gettyimages
(C)iprogressman/Gettyimages
(C)Viorel Kurnosov / EyeEm/Gettyimages
(C)Agustin Vai/Gettyimages

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。