いまわたしたちにできること~美容・健康・環境も~

たった1分なのに脚ほっそり! ヒップアップ、脚ヤセに効く「簡単習慣」5選  

かっこいいお尻や脚のシルエットは、女性にとって永遠のテーマ。そこで、アラサー世代の女性たちを対象に、なかなかヤセない下半身に効果的なストレッチを徹底調査しました。本当に効果を感じた下半身ストレッチをランキングにしてご紹介します。

みんなが実感した「下半身」に効果的な簡単習慣!

ダイエット 脚やせ ヒップアップ 垂れ尻 ストレッチ 習慣

anan Beauty+ clubメンバーに、おすすめの下半身ストレッチについて、リサーチしました。

※anan Beauty+ club…美容・健康・エコ好きな女性たち約100名が集まるanan Beauty+の読者組織。

5位 階段を活用する

「階段の段差を使ってストレッチすると、しっかり伸びます」(38歳・専門職)
「階段は1段飛ばしで行動し、筋肉に刺激を与えます。大股で歩くと股関節のストレッチにもなる」(29歳・会社員)

階段の段差に片脚を置くと、負荷をかけやすくなるのでおすすめ。1段飛ばしで階段を上り下りすると、普段動きにくい股関節周りやふくらはぎなどのストレッチにもなります。

4位 ふくらはぎストレッチ

「料理をしているとき、つま先で立ち、お尻に力を入れてキュッとさせると、ももヤセ効果があります!」(31歳・自営業)
「つま先立ちのまま、かかとを上げ下げします。地味だけど、けっこう効きます!」(37歳・専門職)
「ぺたんこ靴ではなく、なるべくヒールの高い靴を履き、歩きながらふくらはぎを伸ばすようにしています」(29歳・会社員)

ふくらはぎは脚のポンプの役割をしているので、むくみのないキレイな脚を目指すなら、しっかり伸ばして刺激を与えましょう。

3位 お尻に刺激を与える

「ゆっくりスクワットをするとお尻が伸びるし筋トレにもなって良い」(40歳・会社員)
「スクワットが一番! 自重トレーニングをしていたときは毎日やっていました。お尻や太ももなど、下半身にすごく効きます」(34歳・会社員)
「お尻を中心に、マッサージしたりストレッチして、体全体の筋肉をほぐします」(30歳・その他)

普段の生活であまりストレッチをしないお尻は、ゆっくりめのスクワットや、前屈などのストレッチがおすすめ。お尻の筋肉は腰回りの筋肉とつながっているので、腰のダボつきが気になる人も試してみてください。

2位 寝ながら脚ヤセ

「壁にお尻をつけて横になり、脚を壁に沿って立てるだけのストレッチは、むくみを流すだけじゃなく、筋力不足で下垂した内臓の位置を戻してくれる効果も。太ってないのにお腹がぽっこりしている人に特におすすめです。そのまま開脚をすると、脚の重みと重力で開きやすいので、カラダが硬い人にすごく良い!」(29歳・専門職)
「ベッドに横たわり、自転車漕ぎのようにすると脚がスッキリします。ゆっくりやると負荷がかかるから、おすすめ」(26歳・デザイン)
「横になって脚上げ。ソファで寝転び、テレビを見ながらでもできる」(30歳・主婦)

ながらストレッチなら、毎日の習慣にするのも簡単そう。テレビを見ながらや、寝る前の数分など、生活リズムに合わせてお気に入りのストレッチを見つけましょう。

1位 脚の背面を伸ばす

「洗面台にかかとを引っ掛けて脚の裏側を伸ばす」(31歳・会社員)
「片側の脚を伸ばして座り、反対側の脚をもう片方の上に乗せて前屈する。左右どちらもやるとお尻から脚がスッキリします」(29歳・会社員)
「寝ながら片方の脚を上げて、太ももの裏をのばす」(33歳・専門職)
「高いところに脚を上げて伸ばす。1分程度でもしっかり伸びてむくみが取れる」(27歳・会社員)

普段の生活であまり意識することのない脚の背面ですが、しっかり伸ばすことでリンパの流れが良くなる効果が。たった1分でも効果のあるストレッチなので、習慣化させましょう。

下半身ヤセを加速するストレッチ!

ジムなどで鍛えるのではなく、自宅や歩行中に気軽にできるストレッチが人気のよう。夏は冷房で脚にダルさを感じやすいので、脚の背面を伸ばしたり、寝ながらストレッチをして、むくみケア&脚ヤセにチカラを入れるのが良さそうです。

(C)momentimages/Gettyimages

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。